絵本の創作活動

 絵本の創作活動

投資教育のための絵本

子どもに投資のことを教えるにはどのような手法が適切でしょう?
その問いの一つとして、ピックブックでは絵本を用います。
子どもに親しみやすいイラストと題材を用いる事で飽きさせずに、体系的な投資の概念や仕組みを分かりやすく子どもに伝える事が出来るのです。
また何回でも読み聞かせをさせることで反復して内容を覚えさせることが出来るのが絵本の特徴です。

ピックブックの絵本

絵本の持つ力

世の中の仕組みはきちんと理解しようとすると、実はとても難しい。人は誰でもその難しいことを少しずつ理解していきます。

そして、子どもが世の中を理解するときことを手伝うのが絵本です。

絵本は何度も繰り返し読まれるため、高い学習効果が期待できます。そして、子どもと一緒に読むことで大人も気づきを得られます。

絵本はみんなが少しずつ世の中のことを理解するために、とても有効なツールです。

ピックブックでは「投資」という難しいことを、少しでもわかりやすく伝えるために絵本を作っています。

絵本をつくると読み手への「思いやり」が自然と芽生えてきます。

絵本を通じて「儲け方」だけでなく「生き方」も伝えていきたい。そんな思いを込めて日々活動をおこなっています。

絵本の活動

絵本の活動

 絵本の一覧

マメのはなし

テーマ:「投資」について考える

「投資」とは 自分の大切なものを「未来」の幸せのためにつかうことです。「マメのはなし」を読んで下さった皆様が良い「投資」をして幸せで在り続ける事を願って完成させました。

絵本の詳細を見る

test

 

test

みんなのピースくん

テーマ:「自己肯定と国際交流」について考える

ひとりぼっちのサッカーボールが世界を旅してみんなと友達になるお話です。
サッカーボールを途上国に届ける活動をしている「ピースボールアクション」さんの広報支援のために製作しました。

絵本の詳細を見る

大人が選ぶ好きな絵本

大人が選ぶオススメの絵本の紹介です。

おすすめの絵本の一覧はこちら

おじいちゃんがおばけになったわけ
大人が好きな絵本 ⑨キム・フォップス・オーカソンの「おじいちゃんがおばけになったわけ」

絵本関連 2015.08.25

上野与志の「み〜つけた」
大人が好きな絵本 ⑧上野与志の「み〜つけた」

絵本関連 2015.07.27

かいじゅうたちのいるところ
大人が好きな絵本 ⑦モーリス・センダックの「かいじゅうたちのいるところ」

絵本関連 2015.07.05