みーつけた!

書評及び感想

人間の女の子が森の動物たちとかくれんぼをするお話。主人公の名前を子どもの名前にして読むと大喜びして、熊さんの指に自分の指も「とーまった」と言って重ねたり、手で目を隠して「もういいかーい」と言ったりして絵本に入り込んでいます。自分たちの時代は、近所の子どもたちとよくかくれんぼをしたものですが、今の子どもたちはする機会が減りましたね。

絵本の著者
上野 与志
出版社名
ひさかたチャイルド/チャイルド本社
内容紹介
森の動物たちがかくれんぼ。
穴あきの画面から足やしっぽだけ
見えているのはだあれ?
主人公のゆかちゃんといっしょに
かくれている動物をさがしましょう。

一言ご感想をお願いします!

最初のコメントを是非お願いします!

Notify of
avatar
wpDiscuz