おじいちゃんがおばけになったわけ

書評及び感想

大好きなじいじとの突然の別れ…。なかなか受け入れられないのは男の子だけでなく、じいじもでした。2人はじっくり時間をかけ、最後は納得してお別れします。人が死ぬことはどういうことなのか、改めて考えるきっかけになります。また、深い愛を感じる作品です。

絵本の著者
キム・フォップス・オーカソン
出版社名
あすなろ書房
内容紹介
おじいちゃんは、土にも天使にもならずに、なんと、おばけになっちゃった。いったいどうして? 心に沁みいるデンマークの傑作絵本。

一言ご感想をお願いします!

最初のコメントを是非お願いします!

Notify of
avatar
wpDiscuz