タグ: 絵本の読み聞かせの記事一覧

おじいちゃんがおばけになったわけ

大人が好きな絵本 ⑨キム・フォップス・オーカソンの「おじいちゃんがおばけになったわけ」

書評及び感想 大好きなじいじとの突然の別れ…。なかなか受け入れられないのは男の子だけでなく、じいじもでした。2人はじっくり時間をかけ、最後は納得してお別れします。人が死ぬことはどういうことなのか、改め…続きを読む

上野与志の「み〜つけた」

大人が好きな絵本 ⑧上野与志の「み〜つけた」

書評及び感想 人間の女の子が森の動物たちとかくれんぼをするお話。主人公の名前を子どもの名前にして読むと大喜びして、熊さんの指に自分の指も「とーまった」と言って重ねたり、手で目を隠して「もういいかーい」…続きを読む

かいじゅうたちのいるところ

大人が好きな絵本 ⑦モーリス・センダックの「かいじゅうたちのいるところ」

書評及び感想 誰でも一度は目にしたことのある名作絵本。 モーリス・センダック独特のタッチで描かれるかいじゅうたちは、不気味や恐怖だけではない不思議な魅力があります。 少年マックスがお母さんに放り出され…続きを読む

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

大人が好きな絵本 ⑥佐野 洋子の「100万回生きた猫」

書評及び感想 100万回生きたねこ 自分の人生を生きるということ。 自分が自分の主人だということ。 自分のことが大好きだということ。 そして、そのうえで、もしも愛するひとがいて、その人のそばにいること…続きを読む

長 新太のキャベツくん

大人が好きな絵本 ⑤ 長新太の「キャベツくん」

書評及び感想 ストーリーがシンプルで小さい子にもわかりやすい。 読み聞かせをしてあげると大喜びで、何回読んでもあきません。 キャベツくんとブタヤマさんのやりとりは、想像力をかきたてます。 黄色、緑、青…続きを読む

ピーターラビットのおはなし

大人が好きな絵本 ③ビアトリクス・ポーターの「ピーターラビット」

野うさぎのピーターやその家族、お友達の動物がリアルな絵で擬人化されて描かれていて、動物に親近感が湧くし、想像力を豊かにさせてくれます。…続きを読む

ももんがモンちゃん

大人が好きな絵本 ②とりごえまりの「ももんがモンちゃん」

書評及び感想 親子の愛に感動する。もんちゃんが苦手なことを克服して自信をつけるところもいい。 絵本の著者 とりごえまり 出版社名 学研 出版社からの内容紹介 ももんがのモンちゃんは、まだ空を飛べません…続きを読む

投資教育ワークショップ

【開催報告】2015年5月24日(日)子供向け投資教育ワークショップ

2015年5月24日、東京都品川区の高輪区民センターにおいて子ども向けの投資教育ワークショップを開催しました。 今回のワークショップは小学生の部と、未就学児の部の二つを同時に開催しました。 小学生のお…続きを読む

ビジネスマンの好きな絵本 スイミー

大人が好きな絵本 ①レオ・レオニの「スイミー」

スイミーが生死の危機を脱して、広い世界を旅して回り、組織を率いるリーダーとなった姿に共感します。…続きを読む